So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

旧近衛邸でお抹茶と和菓子〔西尾市歴史公園内(愛知県西尾市)〕 [茶室めぐり]

4月20日(木曜日)の午前11時25分頃に、
西尾市歴史公園内にある旧近衛邸を訪ねました。

170420旧近衛邸01、表門 (コピー).JPG
~ 旧近衛邸の表門。

京都から移築された旧近衛邸は、書院と茶室から構成されています。

170420旧近衛邸04、書院 (コピー).JPG
~ 書院、一の間(10畳)と二の間(8畳)。

170420旧近衛邸05、書院 (コピー).JPG
~ 一の間の床の間と棚。

170420旧近衛邸06、書院(天袋) (コピー).JPG
~ 天袋の絵画。

170420旧近衛邸07、書院(天袋) (コピー).JPG



さて、茶室(6畳)、次の間(3畳)および畳廊下から構成される茶室でお抹茶と和菓子をいただきました。

170420旧近衛邸10、茶室 (コピー).JPG

170420旧近衛邸11、茶室 (コピー).JPG

170420旧近衛邸13、お抹茶と和菓子(ハナミズキ) (コピー).JPG
~ この日の和菓子は「花水木」でした。

☆ 旧近衛邸(西尾市歴史公園内)
 (愛知県西尾市錦城町231-1)
☆ 2017年4月20日(木曜日)午前11時25分頃利用



nice!(99)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~桜色の会」(2017年度第1回) [京都イオリカフェ]

新年度よりタイトルが新たになった田丸先生の定期セミナー、笹屋伊織の女将塾「愛される所作」は内容も一新されました。

170413女将塾「愛される所作~桜色の会」54、セミナー予定 (コピー).JPG
~ 笹屋伊織の女将塾「愛される所作」のスケジュール。

毎月のテーマカラーが決まっており、第1回目は「桜色」。「今年度は、毎月の色のテーマを決めました。お召し物や小物に各回のテーマの色を少し意識して楽しんで頂ければと存じます。」が田丸先生から受講者へのメッセージです。

田丸みゆきさんのプロフィール、定期セミナー情報などについては、
「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら


老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


さて、2017年度第1回目の「愛される所作~桜色の会」は、京菓子職人による粽の巻き方の特別講座ですが、その前に田丸先生がコメンテーターとして初出演した4月4日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」の報告会がありました。

170413椿の会x女将塾「愛される所作~桜色の会」08 (コピー).JPG

全国放送の生放送の画面からは知ることができなかった楽しいエピソードが聞けました(田丸先生らしいオチもあありました)。

報告会が終わると、愛知県豊田市出身、京菓子職人歴15年ほどの伊藤さんによる粽の巻き方のレクチャーが始まりました。

170413女将塾「愛される所作~桜色の会」05、職人伊藤さん (コピー).JPG

170413女将塾「愛される所作~桜色の会」10、粽の巻き方実演 (コピー).JPG

170413女将塾「愛される所作~桜色の会」12、粽の巻き方実演 (コピー).JPG

170413女将塾「愛される所作~桜色の会」15、粽の巻き方実演 (コピー).JPG

170413女将塾「愛される所作~桜色の会」17、粽の巻き方実演 (コピー).JPG

湯がいた笹の葉3枚とイガラを使って手際よく粽を巻いた伊藤さんの実演をお手本に、伊藤さんと岐阜県土岐市出身で入社2年目の川合さんのアドバイスを受けながら各受講者が粽の巻き方を体験しました。


各受講者が粽を巻き終えたら、田丸先生による粽の美しいいただき方のレクチャーです。

① 粽の細い側ではなく(ここがポイント)、太い側の2本のイガラを引っ張り出し、折り込んである笹の葉の先端部分を引っ張り出す。
② ゆるめたイガラを軸の方に寄せてから、3枚使っている笹の葉を広げる。
③ 粽は、黒文字で切って一口ずつ食べる(切り分けてから食べてはいけない)。

170413女将塾「愛される所作~桜色の会」27、粽の美しいいただき方 (コピー).JPG

170413女将塾「愛される所作~桜色の会」28、粽の美しいいただき方 (コピー).JPG

田丸先生のお手本を参考に、各受講者が粽の美しいいただき方を実践しました。食べ終わったらお仕舞ではなく、笹の葉を三つ折りしてからイガラでくるくる巻いて後片付けをします。

170413女将塾「愛される所作~桜色の会」31、粽の葉といがらの後始末 (コピー).JPG

170413女将塾「愛される所作~桜色の会」32、粽の葉といがらの後始末 (コピー).JPG

粽に続いて、子どもの成長と子孫繁栄を願うお菓子、柏餅(白みそ餡)の美しいいただき方のレクチャーがありましたが、レポートは省略します。

2017年度2回目は、5月18日(木曜日)に開かれる女将塾「愛される所作~緑色の会」です。開催概要などについては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら



nice!(110)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶カフェ「深緑茶房」のお茶教室(2017年4月度)を受講しました [深緑茶房]

4月11日(火曜日)の午前11時5分頃から開かれた茶カフェ深緑茶房の「お茶教室」を受講しました。

170411深緑茶房「お茶教室」①、深緑茶房外観 (コピー).JPG
~ 茶カフェ深緑茶房は、名駅ミヤコ地下街4番出口を出てセブンイレブンの裏隣です。

講師は、深緑茶房の茶長で日本茶インストラクターの松本浩さん。テーマは、「茶カフェ深緑茶房スタイルの伊勢深蒸し茶の淹れ方」です。

松本さんのレクチャーの前に、ペットボトル茶を飲み比べました。

170411深緑茶房「お茶教室」③、ペットボトル茶飲み比べ (コピー).JPG

飲み比べたのは、サントリーの新「伊右衛門」、伊藤園の新「氷水出し抹茶入りお~いお茶」およびコカ・コーラの新「綾鷹」。

170411深緑茶房「お茶教室」④、ペットボトル茶飲み比べ (コピー).JPG


さて、2013年7月10日にオープンした茶カフェ「深緑茶房」を運営している農業生産法人の有限会社深緑茶房(三重県松阪市飯南町)の6次産業化について松本さんよりレクチャーがありました。

農林水産業の6次産業化は簡単に言うと、「6次産業化=1次(生産)x2次(加工)x3次(販売)」という公式で表すことができるそうで、新緑茶房は、30haを超える茶園でのお茶の生産(1次)x緑茶の加工(2次)x緑茶の販売とカフェの直営(3次)を一貫協業経営で手掛けており、茶農家の6次産業化を達成しています。

2番目の飲み比べは、「深緑茶房」の看板メニューである伊勢深蒸し茶の「千寿」と「深緑」の飲み比べです。

1煎目は湯温60℃x蒸らし時間90秒。2煎目は湯温75℃です。

170411深緑茶房「お茶教室」⑦、千寿と深緑飲み比べ(1煎目) (コピー).JPG
~ 1煎目の水色(すいしょく)

170411深緑茶房「お茶教室」⑨、千寿と深緑飲み比べ(2煎目) (コピー).JPG
~ 2煎目の水色(すいしょく)

松本さんのレクチャーが終わると、
伊勢深蒸し茶「さえみどり」と「深蒸し生ようかん」で甘楽茶楽タイム。

170411深緑茶房「お茶教室」⑪、さえみどりと生ようかん (コピー).JPG

なお、5月は繁忙期のために「お茶教室」は休講となります。

6月は下旬に三重県松阪市飯南町において臨地「お茶教室」が開かれる予定で、
プログラムは深緑茶房の茶園、茶工場、本店などの見学となります。

☆ 茶カフェ深緑茶房「お茶教室(2017年4月度)」
 (名古屋市中村区名駅四丁目26-25メイフィス名駅ビル1階)
☆ 2017年4月11日(火曜日)午前11時5分~午後0時15分


nice!(88)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「桑山美術館」のお茶会「にじり口から一服」〔「名古屋 お茶会スタンプラリー2017春」対象〕 [茶室めぐり]

名古屋市昭和区の「桑山美術館」は「名古屋 お茶会スタンプラリー2017春」の対象施設で、庭園にある小間「青山(せいざん)」において茶会「にじり口から一服」が同スタンプラリー期間中に開かれます。開催概要は次の通りです。

■お茶会「にじり口から一服」の開催概要
・開催日:4月8日(土曜日)・9日(日曜日)
     5月3日(水曜日/祝)・4日(木曜日/祝)・5日(金曜日/祝)
・時 間:各日午前11時・午後1時・午後2時30分の3席
・定 員:各席8名
・参加費:1,000円(入館料別途必要)
・予 約:電話にて受付(電話:052-763-5188)

170408桑山美術館09、庭園前の回廊 (コピー).JPG
~ 「桑山美術館」本館の回廊から見る小間「青山」。


さて、4月8日(土曜日)に開かれた「桑山美術館」のお茶会「にじり口から一服」に参加しました。

170408桑山美術館01、表門 (コピー).JPG
~ 表門。

170408桑山美術館11、茶室「青山」 (コピー).JPG
~ 四畳半中板の上げ台目切で下座床。

170408桑山美術館14、茶室「青山」 (コピー).JPG
~ 即中斎筆「春風百花舞」。

170408桑山美術館16、川村屋「行く春」 (コピー).JPG
~ 川村屋「行く春」(きんとん製)。

☆ 「桑山美術館」の茶会「にじり口から一服」
 (名古屋市昭和区山中町2-12)
☆ 2017年4月8日(土曜日)午前11時~11時40分頃



nice!(102)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

甘楽茶楽部「勉強会」(2017年4月度)、開催のお知らせ [甘楽茶楽部勉強会]

甘楽茶楽部「勉強会」(2017年4月度)を4月13日に開催しますので、下記の通りお知らせいたします(2部制)。

1.開催日時
  2017年4月13日(木曜日)
  ・1回目:午後5時15分から約1時間
  ・2回目:午後8時15分から約1時間

2.開催場所
  京都イオリカフェ名鉄店
  (名古屋市中村区名駅1-2-1名鉄百貨店本店本館9階)

3.テーマ
  ・1回目:「あんみつ」は和菓子です
       (「和菓子のちょっと深い話2017」シリーズその1)
  ・2回目:和菓子と「砂糖」の甘い関係

4.参加費
  500円(京都イオリカフェでの飲食代は参加者各自で精算)

甘楽茶楽部「勉強会」@京都イオリカフェ(2017年度)は、創業享保元年(1716年)の京菓匠「笹屋伊織」十代目女将・田丸みゆきさんによる女将塾「愛される所作」(夜の部/午後7時~7時45分)の前・後に京都イオリカフェ名鉄百貨店で開催します。

170404京都イオリカフェ① (コピー).JPG
~ 名鉄百貨店本店本館9階にある「京都イオリカフェ」。

170404京都イオリカフェ④、ミニ抹茶パフェ (コピー).JPG
~ 「京都イオリカフェ」の人気メニュー「ミニ抹茶パフェ」。

※京都イオリカフェにおける飲食代は参加者各自で精算となります。

甘楽茶楽部



nice!(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「京都イオリカフェ」で親子丼とミニ抹茶パフェ 〔「名鉄百貨店グルメきっぷ」利用〕 [京都イオリカフェ]

名古屋鉄道(以下、名鉄)は4月1日より「名鉄百貨店グルメきっぷ」(設定期間:2017年4月1日~9月30日)を発売しています。

170404京都イオリカフェ⑦、名百グルメきっぷ (コピー).JPG
~ 「名鉄百貨店グルメきっぷ」のポスター、名鉄百貨店で2017年4月4日撮影。

「名鉄百貨店グルメきっぷ」は、名鉄百貨店本店本館9階のグルメステーションにある食事券対象レストランの「お食事」と「名鉄電車全線1DAYフリーきっぷ」がついた企画きっぷです。

名鉄電車全線1DAYフリーきっぷ 
  + 
名鉄百貨店グルメステーション選べる食事券

= おとな一人3,300円(こども一人1,900円)

~予約不要、当日購入可、一人でも可~


さて、4月4日(火曜日)に「名鉄百貨店グルメきっぷ」を利用して名鉄電車に乗って知多半田駅(体験型ミュージアム「ミツカンミュージアム」最寄駅)、新可児駅などへ行ってきました。

知多半田駅から新可児駅へ移動する途中、名鉄名古屋駅で降車、駅上に建つ名鉄百貨店本店本館9階のグルメステーションにある「京都イオリカフェ」でランチ+スイーツ。

170404京都イオリカフェ① (コピー).JPG
~ 「京都イオリカフェ」は、創業1716年(享保元年)の京菓匠「笹屋伊織」がプロデュースする和カフェです。

「京都イオリカフェ」の「名鉄百貨店グルメきっぷ」用のセットメニューは、「親子丼 + ミニ抹茶パフェ」です。

170404京都イオリカフェ②、親子丼 (コピー).JPG

170404京都イオリカフェ④、ミニ抹茶パフェ (コピー).JPG
~ 「京都イオリカフェ」の人気メニュー、ミニ抹茶パフェ。

☆ 「京都イオリカフェ」
 (名古屋市中村区名駅一丁目2番1号名鉄百貨店本店本館9階)
☆ 2017年4月2日(火曜日)午前11時50分頃利用


nice!(94)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

美濃桃山陶の聖地「荒川豊蔵作陶の地」、4月28日(金曜日)から公開 〔岐阜県可児市〕 [美濃桃山陶ミュージアム]

志野と瀬戸黒で国の重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に認定された荒川豊蔵さん(1894~1985年)は昭和5年(1930年)4月11日、岐阜県可児市(かにし)にある牟田洞古窯跡※で志野陶片を発見しました。

※牟田洞古窯跡は大萱古窯跡群を構成する古窯の一つです。

170331荒川豊蔵資料館④ (コピー).JPG
~ 「荒川豊蔵資料館」への通路にある牟田洞古窯跡の碑、2017年3月31日撮影。

瀬戸黒、黄瀬戸、志野などの桃山陶が愛知県瀬戸市で焼かれていたというそれまでの日本陶磁史の定説を覆す大発見をした荒川豊蔵さんは以降、大萱において志野の再現を志したそうです(参照:「荒川豊蔵資料館」のパンフレットなど)。


さて、荒川豊蔵さんの生活と作陶の拠点が「荒川豊蔵作陶の地」として4月28日(金曜日)、一般公開されます。

170331荒川豊蔵資料館⑫ (コピー).JPG
~ 美濃桃山陶の聖地「荒川豊蔵作陶の地」一般公開のポスター、2017年3月31日に土岐市美濃陶磁歴史館で撮影。

 ・公開開始:2017年4月28日(金曜日)~
 ・時 間 :午前9時30分~午後4時
 ・閉館日 :月曜日(ただし5月1日は開館)
 ・場 所 :荒川豊蔵資料館周辺(可児市久々利柿下入会352番地)
 ・問合せ :可児郷土歴史館(電話:0574-64-0211)

4月28日の一般公開に向けて「荒川豊蔵資料館」周辺において現在、通路などの整備が進められています。

170331荒川豊蔵資料館① (コピー).JPG

170331荒川豊蔵資料館⑥ (コピー).JPG

170331荒川豊蔵資料館⑦ (コピー).JPG

170331荒川豊蔵資料館⑩ (コピー).JPG

170331荒川豊蔵資料館⑪ (コピー).JPG

なお、美濃桃山陶の聖地「荒川豊蔵作陶の地」の一般公開を記念して4月28日から5月7日までの期間、「豊蔵の蔵」の特別公開などのイベントが企画されています。

詳しいことは、可児市の広報誌「広報かに 平成29年4月号 NO.831 」のウェブ版をご参照ください(→「広報かに」で検索)。または、「可児郷土歴史館」へ電話でお問い合わせください(電話:0574-64-0211)。

♪ 4月5日追記:美濃桃山陶の聖地「荒川豊蔵作陶の地」の一般公開を記念して、4月28日(金曜日)から5月7日(日曜日)までの期間で実施される主な企画は、① 豊蔵の窯の特別公開 ②「荒川豊蔵資料館」と「可児郷土歴史館」の入館料無料 ③ 日替わりで一筆箋やクリアファイルの進呈などです。なお、期間中毎日、「可児郷土歴史館」と可児駅(市役所経由)からシャトルバスが運行されます。



タグ:豊蔵の窯
nice!(114)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

旧近衛邸でお抹茶と和菓子 〔西尾市歴史公園〕 [茶室めぐり]

西尾の抹茶で知られる愛知県西尾市の西尾市歴史公園にある旧近衛邸(きゅう・このえてい)は、西尾市教育委員会事務局文化振興課発行のリーフレットを参照すると、数寄屋造りの書院と茶室から構成される江戸末期の建物だそうです。

170329旧近衛邸③ (コピー).JPG

京都にあった旧近衛邸が1985年に取り壊されることを知った西尾文化協会が建築移転を計画し、部材を解体移送し西尾市に寄贈、西尾市歴史公園づくりの一環として1995年3月に完成したそうです。

170329旧近衛邸④ (コピー).JPG
~ 手前が書院、奥が茶室。

旧近衛邸は現在、一般公開されています。

 ・開館時間:午前9時から午後6時まで(10月~3月は午後5時まで)
 ・休館日 :月曜日(ただし祝日は開館)、年末年始
 ・入館料 :無料
 ・呈茶代 :400円(抹茶・和菓子、呈茶時間:午前10時~午後4時)


さて、3月29日(水曜日)の午後0時35分頃に、旧近衛邸を訪ねました。

170329旧近衛邸② (コピー).JPG
~ 旧近衛邸の表門。

170329旧近衛邸⑫、書院 (コピー).JPG
~ 書院、一の間(10畳)と二の間(8畳)。

170329旧近衛邸⑬、書院 (コピー).JPG
~ 一の間の床の間。

茶室(6畳)、次の間(3畳)および畳廊下から構成される茶室でお抹茶と和菓子をいただきました。

170329旧近衛邸⑤ (コピー).JPG
~ 茶室の外観、特異な躙り口

170329旧近衛邸⑥、茶室 (コピー).JPG
~ 床框(とこがまち)が高い亭主床。

170329旧近衛邸⑦、茶室 (コピー).JPG

この日の和菓子は、おきなや「桜」でした。

170329旧近衛邸⑯、呈茶 (コピー).JPG

☆ 旧近衛邸(西尾市歴史公園内)
 (愛知県西尾市錦城町231-1)
☆ 2017年3月29日(水曜日)午後0時35分頃利用


nice!(99)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶カフェ深緑茶房「お茶教室」、4月11日(火曜日)に開かれます [深緑茶房]

名古屋・名駅4丁目の茶カフェ深緑茶房は、茶農家(農業生産法人有限会社深緑茶房、三重県松阪市飯南町)が直営する日本茶カフェです。

170321深緑茶房「お茶教室」01、名駅ミヤコ地下街の案内板 (コピー).JPG
~ 名駅ミヤコ地下街4番出口を出て、セブンイレブンの裏隣です。

茶カフェ深緑茶房においては、新茶で繁忙な5月を除いて「お茶教室」が開かれています。

170214深緑茶房「お茶教室」③、外観 (コピー).JPG
~ 茶カフェ深緑茶房の外観。


さて、新年度2017年度の第1回目となる「お茶教室」が4月11日(火曜日)午前11時から開かれます。

テーマは、「茶カフェ深緑茶房スタイルの深蒸し茶の淹れ方」で、伊勢深蒸し茶(千寿と深緑の1煎目・2煎目)などを飲み比べます。

 ・日 時:2017年4月11日(火曜日)午前11時より(1時間ほど)
 ・場 所:茶カフェ深緑茶房
      (名古屋市中村区名駅4丁目26-25メイフィス名駅ビル1階)
 ・講 師:松本浩さん(有限会社深緑茶房茶長、日本茶インストラクター)
 ・参加費:1,500円(税込、お茶と甘味のセット付)

170321深緑茶房「お茶教室」21、さえみどりとしんさぼまんじゅう (コピー).JPG
~ 伊勢深蒸し茶「さえみどり」としんさぼまんじゅう。

茶カフェ深緑茶房の「お茶教室」についてのお問合せおよび参加申し込みは;

 茶カフェ「深緑茶房」
 電話:(052)551-3366


nice!(56)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の「女将塾」~愛される所作~、予約の受付が始まりました [京都イオリカフェ]

享保元年(1716年)創業の京菓匠「笹屋伊織」がプロデュースする和カフェ「京都イオリカフェ」は毎月1回、名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて定期セミナーを開催しています。

※「京都イオリカフェ大丸京都店」においても同様のセミナーが毎月1回開かれています。

4月からの新年度(2017年度)の定期セミナーは、

笹屋伊織の「女将塾」~愛される所作~

と名称が新たになりました。

講師は、京菓匠「笹屋伊織」十代目女将の田丸みゆきさん

170315椿の会x和の美人度アップ講座⑨ (コピー).JPG

田丸みゆきさんのプロフィール、定期セミナー情報などについては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら


老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




さて、新年度(2017年度)の定期セミナーは、毎月の色がテーマとして指定されています。

たとえば、4月13日(木曜日)の4月度のセミナー「桜色の会」の指定色は桜色です。

170221笹屋伊織の「女将塾」2017年度スケジュール (コピー).JPG
~ お召し物や小物に各回のテーマの色を少し意識して楽しんでいただければと存じます。

定期セミナー(京都・名古屋)のスケジュール、申込先など詳しいことは、
「田丸みゆきオフィシャルサイト」の講演情報をご参照下さい。
→ こちら

170315和の美人度アップ講座02 (コピー).JPG
~ 2017年3月15日に開かれた定期セミナーの様子。


nice!(90)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -