So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

茶カフェ「深緑茶房」のお茶教室(2017年3月度)を受講しました [深緑茶房]

「お茶」、
すなわち紅茶、烏龍茶および緑茶はいずれも、
学名がカメリア・シネンシスという茶(チャ)の樹から摘んだ
茶葉を加工した加工食品です。

食品表示法に基づく食品表示制度のルールブック「食品表示基準」は、
緑茶を次の通り定義しています。

緑茶の定義:緑茶とは、茶葉(一部茎を含む。)を蒸熱又は釜炒り等の方法により茶葉中の酵素を失活させた後、飲食用に供せられる状態に製造したもの・・・「食品表示基準Q&A」より引用。

次の写真は、
有限会社深緑茶房(本社:三重県松阪市飯南町)の
製茶工場における茶葉中の酵素を失活させる「蒸熱(蒸し)工程」です。

160620深緑茶房11、送帯式蒸機(宮村鐵工所) (コピー).JPG
~ 送帯式蒸機、2016年6月20日撮影。

160620深緑茶房12、蒸葉 (コピー).JPG
~ 蒸葉(むしば)

煎茶は、
蒸し時間の長さによって
煎茶(普通煎茶)、深蒸し煎茶および特蒸し煎茶に分類されます。




さて、
3月21日(火曜日)の午前11時から開かれた
茶カフェ深緑茶房の「お茶教室」を受講しました。

170321深緑茶房「お茶教室」02、店舗前の看板 (コピー).JPG
~ 名駅ミヤコ地下街4番出口を出てセブンイレブンの裏隣、
この看板が目印です。

講師は、
深緑茶房の茶長で日本茶インストラクターの
松本浩さん。

今回のお茶教室のテーマは、
「蒸し時間の違う煎茶」(3種類)の飲み比べ。

3種類の煎茶を飲み比べる前に、
蒸し時間の違いについて説明がありました。

製茶業者によって蒸し時間が若干異なりますが、
日本茶業中央会は
「深蒸し茶は、茶葉の蒸し時間を煎茶の2倍以上の時間で製造したもの」
と定義しています。

伊藤園のウェブサイト「お茶百科」を参照すると、
「普通の煎茶よりも約2倍長く蒸したお茶を深蒸し煎茶、
約3倍以上長く蒸したお茶を特上蒸し緑茶と呼びます。」
と記載されています。

松本さんの説明が終わると、
「蒸し時間が違う煎茶」(3種類)の飲み比べです。

170321深緑茶房「お茶教室」06、茶葉の比較(煎茶・深蒸し煎茶・特蒸し煎茶) (コピー).JPG
~ 茶葉の比較。左から、煎茶(普通煎茶)・深蒸し煎茶・特蒸し煎茶。

170321深緑茶房「お茶教室」11、飲み比べ (コピー).JPG
~ 抽出中。

170321深緑茶房「お茶教室」12、飲み比べ (コピー).JPG
~ 水色(すいしょく)の比較、
(左から順に)煎茶(普通煎茶)・深蒸し煎茶・特蒸し煎茶。

特蒸し煎茶、深蒸し煎茶、煎茶(普通煎茶)の順に
飲み比べました。

170321深緑茶房「お茶教室」13、飲み比べ (コピー).JPG
~ 蒸し時間が長い煎茶の方が、
苦渋味が抑えられていることがよくわかりました。

☆ 茶カフェ深緑茶房「お茶教室(2017年3月度)」
 (名古屋市中村区名駅四丁目26-25メイフィス名駅ビル1階)
☆ 2017年3月21日(火曜日)午前11時~午後0時15分





中村羊一郎のお茶しませんか

中村羊一郎のお茶しませんか

  • 作者: 中村 羊一郎
  • 出版社/メーカー: 羽衣出版
  • 発売日: 2010/10
  • メディア: 単行本



nice!(75)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「昭和美術館」で平成29年上期展「うつわのかたち」、7月2日(日曜日)まで開催中〔名古屋市昭和区〕 [茶道具ミュージアム]

名古屋市昭和区汐見町にある「昭和美術館」において本日より

平成29年上期展「うつわのかたち」

が始まりました。

170318昭和美術館②、平成29年上期展「うつわのかたち」ポスター (コピー).JPG
~ 平成29年上期展「うつわのかたち」のポスター(地下鉄金山駅)。

・開催期間 : 2017年3月18日(土曜日)~7月2日(日曜日)
・開催場所 : 昭和美術館(名古屋市昭和区汐見町4-1)
・休館日  : 月曜日と火曜日(祝日を除く)
・開館時間 : 午前10時~午後4時30分(入館受付は午後4時まで)
・観覧料  : 一般600円、大学生・専門学校生500円、高校生以下無料




さて、
3月18日(土曜日)の午前10時頃に、
「昭和美術館」を訪ねました。

170318昭和美術館③、正門 (コピー).JPG

今回の展示品は、
 ・瀬戸黒茶碗 銘「垣根」(桃山時代)
 ・黒楽茶碗 銘「蓬莱」(渡邉半蔵規綱・作、江戸時代末期)
など約40点です。

※瀬戸黒茶碗 銘「垣根」は、株式会社淡交社発行「なごみ2月号」の特集・瀬戸焼に紹介されています。


なごみ 2017年 02 月号 [雑誌]

なごみ 2017年 02 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2017/01/28
  • メディア: 雑誌


なお、
「昭和美術館」は、
「名古屋お茶会スタンプラリー2017春」の対象施設で、
対象となるお茶会は次の通りです。

 ・4月15日(土曜日)お抹茶飲み方講座「お茶会へ行ってみましょう」
 ・4月29日(土曜日/祝日)・30日(日曜日)「新緑の呈茶」

「名古屋 お茶会スタンプラリー2017春」のチラシ兼スタンプ台紙は、
対象施設で入手できるほか、
昭和美術館のホームページからもダウンロードできます。

「名古屋 お茶会スタンプラリー2017春」のチラシ兼スタンプ台紙の
ダウンロードは → こちら

170318昭和美術館⑥、南山寿荘 (コピー).JPG
~ 昭和美術館の庭園の傾斜地に建つ「南山寿荘」。

☆ 昭和美術館
 (名古屋市昭和区汐見町4-1)
☆ 2017年3月18日(土曜日)午前10時頃利用





nice!(95)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

老舗 京菓子の女将による「京菓子の美しいいただき方と和の美人度アップ講座(2016年度第12回) [京都イオリカフェ]

享保元年(1716年)創業の京菓匠「笹屋伊織」がプロデュースする
和カフェ「京都イオリカフェ」は毎月1回、
名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて

老舗 京菓子の女将による
京菓子の美しい頂き方と和の美人度アップ講座

を開催しています※。

※「京都イオリカフェ大丸京都店」においても
同様のセミナーが毎月1回開かれています。

講師は、
京菓匠「笹屋伊織」十代目女将の田丸みゆきさん

170315椿の会x和の美人度アップ講座⑨ (コピー).JPG

田丸みゆきさんのプロフィール、定期セミナー情報などについては、
「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら


老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






さて、
3月15日(水曜日)の午後2時5分頃から始まった
「京菓子の美しいいただき方と和の美人度アップ講座」
(2016年度第12回、午後の部)を受講しました。

170315和の美人度アップ講座02 (コピー).JPG

2016年度の最終回。

一つ目の今月のお菓子は桜餅。

小麦粉を使ったクレープ生地風の関東の桜餅(長明寺餅)と
道明寺粉を使う京都の桜餅の違いについての説明が終わり、
田丸先生が「塩漬けしてある桜餅の葉は食べられるけど、
桜餅の葉を食べる人、手をあげて」と問うと、全員が挙手。

多いだろうとは思ったけど全員とは、
驚きました。

続いて、
桜餅の美しい食べ方についてのレクチャーです。

葉を食べない場合は、
桜の葉を折り返して下敷きとして使うと
桜餅が懐紙にくっつきません。

170315和の美人度アップ講座12、桜餅 (コピー).JPG

桜の葉を食べる場合は、
葉脈の右横に黒文字を入れて切ります。

170315椿の会x和の美人度アップ講座⑦ (コピー).JPG

桜餅の左半分に残った葉脈は
手で簡単に外すことができます。

食べたら終わり、ではありません。

外した葉脈と黒文字を懐紙で包み、
後片付け。

170315和の美人度アップ講座17、あとかたずけ (コピー).JPG

2つ目のお菓子の洲浜は、
浅煎りの大豆の粉を水飴で練り上げた生地のことです。

洲浜は江戸時代、
切り口が浜辺や入江をイメージした州浜の形をした棹菓子のことでしたが、
今は生地のことも洲浜と呼んでいます。

170315和の美人度アップ講座19、すはまだんご (コピー).JPG

洲浜生地を使った「すはま団子」は、
手で持って口に運んで食べるのではなく、
黒文字を使って団子を一つづつ外しながら食べる
美しい食べ方を学びました。

170315和の美人度アップ講座22、すはまだんご (コピー).JPG

※「ワンポイント講座」については記載を省略します。

4月からの新年度のセミナー情報などについては、
「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら


老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)







nice!(84)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

御洲濱司「植村義次」、360年続いた暖簾を下ろされました [和菓子の京都]

創業明暦3年(1657年)の御洲濱司「植村義次」が2016年末、
360年続いた暖簾をひっそりと下ろしました。

170303御洲濱司「植村義次」① (コピー).JPG
~ 烏丸丸太町交差点南西角よりすこし西側にある御洲濱司「植村義次」、
2017年3月3日撮影。

14代当主の植村義夫さんは「老の木登り 植村義夫」名で2016年末、

「長い間フォローいただき支えて下さった皆様 心より御礼申し上げます 身がってですが隠居モードに入ります。新しい年のご多幸をお祈り申し上げます」


とツイートし、
店頭のショーケースには廃業の告知が置かれています。

170303御洲濱司「植村義次」② (コピー).JPG

「(略)長らく皆々様にご愛顧いただきながらまことに心くるしいのですが、看板をおろすことにいたしました。私こと 心疾患で、医学の素晴らしいお陰を再度頂いていながら 人様のお口に入る晴れがましく有難く責任の深い仕事は重たく 寄る歳には勝てず、身勝手とお叱りを覚悟で決させていただいた次第です。(略)」






さて、
御洲濱司「植村義次」は、
「雅びの京菓子」(京都新聞社編)を参照すると、
「京都でただ一軒、洲濱専門に作り続けている」お店でした。

では、
「洲濱」とはどんな京菓子なのでしょうか。

「植村義次」の名物「洲濱」に同封されていた説明書などを参照すると、
「洲濱」は浅く煎った大豆を粉にして水飴で練り上げた素朴なお菓子で、
もともとは断面が「洲濱」模様の棹物だったそうです。

120307植村義次④、洲浜 (コピー).JPG
~ 御洲濱司「植村義次」の名物「洲濱」。

御洲濱司「植村義次」には名物「洲濱」の他に、
初代当主より作り続けてきたという銘菓「春日乃豆」、
14代当主が考案した「押物」がありました。

120307植村義次⑤、押物 (コピー).JPG
~ 「押物」(早蕨)。

「洲濱」については、
江戸時代の図説百科事典「和漢三才図会」(寺島良安・編、1712年成立)の
「餐(まめあめ)」の項に次の説明が載っています。

飴に豆をまぜたものを餐という、とある。その造法は、大豆〔炒ったもの〕を粉にし、湿飴(しるあめ)でこねて縄のような形にする。あるいは竹に挟んで縛り固めて、粼(すはま)の形のように切ったものを須波末(すはま)という。


和漢三才図会〈18〉 (東洋文庫)

和漢三才図会〈18〉 (東洋文庫)

  • 作者: 寺島 良安
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 1991/05
  • メディア: 単行本



☆ 創業明暦3年(1657年)御洲濱司「植村義次」
 (京都市中京区丸太町通烏丸西入ル常真横町193)





nice!(103)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東山荘市民茶会「弥生茶会」、3月10日(金曜日)に開かれました [名古屋市東山荘]

「東山荘(とうざんそう)」は、
綿布商の故伊東信一さんにより山崎川の東丘に
大正時代に建てられた別邸です(伊東さんの山荘で「東山荘」)。

170310東山荘②、茅葺の正門と銅板葺の塀 (コピー).JPG
~ 「東山荘」の茅葺の正門と銅板葺の塀。

「東山荘」の主屋には、
茶道、華道、俳句・短歌・朗読会、結婚式前撮り、
会合・会議、食事会などに貸室ベースで利用できる
茶室(仰西庵・東丘庵)、和室(第1・第2・第3)、
洋室(第1・第2)があります。

170310東山荘⑰、第二洋室 (コピー).JPG
~ 第二和室から第二洋室を見る。

170310東山荘⑱、第二洋室 (コピー).JPG

170310東山荘⑳、第二洋室 (コピー).JPG
~ 第二洋室の室内。

ー2017年3月12日追記ー名古屋市「東山荘」は、 ♪ ~お茶とお花を楽しむ~「名古屋 お茶会スタンプラリー2017春」の対象施設です。お茶会スタンプラリーについての記事はこちらです。 → こちら





さて、
3月10日(金曜日)午前10時5分頃に、
市民茶会「弥生茶会」が開かれる「東山荘」を訪ねました。

170310東山荘⑤、茶花園 (コピー).JPG
~ 「東山荘」の茶花園の園路。

市民茶会「弥生茶会」は、
茶室「仰西庵(こうさいあん)」で開かれました。

170310東山荘⑧、茶室「仰西庵」 (コピー).JPG

170310東山荘⑨、茶室「仰西庵」 (コピー).JPG

一服450円(抹茶・和菓子)。

170310東山荘⑪、お抹茶と和菓子 (コピー).JPG

この日の和菓子は、
美濃忠「桜」(きんとん製)でした。

170310東山荘⑫、美濃忠「桜巾屯」 (コピー).JPG

4月の市民茶会は、野点です。

・ 月 日:2017年4月5日(水曜日)~8日(土曜日)の4日間
・ 時 間:各日午前10時30分~午後3時
・ 会 場:名古屋市東山荘(雨天時は室内)
・ 定 員:各日50名
・ 呈茶代:一服500円(お抹茶・和菓子)
・ 備 考:要予約

参加の申込、問い合わせは;

 名古屋市東山荘(とうざんそう)
  ・住所:名古屋市瑞穂区初日町2丁目3番地 
  ・電話:(052)831-2672

ー2017年3月12日追記ー名古屋市「東山荘」は、 ♪ ~お茶とお花を楽しむ~「名古屋 お茶会スタンプラリー2017春」の対象施設です。お茶会スタンプラリーについての記事はこちらです。 → こちら






なごみ 2017年 03 月号[雑誌]

なごみ 2017年 03 月号[雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2017/02/28
  • メディア: 雑誌



nice!(102)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

甘楽茶楽部「勉強会」(2017年3月度)、開催のお知らせ [甘楽茶楽部勉強会]

甘楽茶楽部「勉強会」(2017年3月度)を3月15日に開催しますので、
下記の通りお知らせいたします(2部制)。

1.開催日時
  2017年3月15日(水曜日)
  ・1回目:午後5時15分から約1時間
  ・2回目:午後8時15分から約1時間

2.開催場所
  京都イオリカフェ名鉄店
  (名古屋市中村区名駅1-2-1名鉄百貨店本店本館9階)

3.テーマ
  和菓子と砂糖の甘い関係

4.参加費
  500円(京都イオリカフェでの飲食代は参加者各自で精算)

甘楽茶楽部「勉強会」(2016年度)は、
創業享保元年(1716年)の
京菓匠「笹屋伊織」十代目女将・田丸みゆきさんによる
「京菓子の美しいいただき方と和の美人度アップ講座」
(夜の部/午後7時~7時45分)の前後に
京都イオリカフェ名鉄百貨店で開催します。

170118京都イオリカフェ名鉄店② (コピー).JPG
~ 名鉄百貨店本店本館9階グルメステーションにある「京都イオリカフェ」。

161125京都イオリカフェ④、ミニ白玉あんみつ (コピー).JPG
~ 京都イオリカフェのミニ白玉あんみつ。

※京都イオリカフェにおける飲食代は参加者各自で精算となります。

甘楽茶楽部





nice!(104)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「茶ろん たわらや」であんみつ〔京菓子司「俵屋吉富」小川店併設〕 [喫茶店・甘味処・カフェ・茶店]

「茶ろん たわらや」は、
代表銘菓「雲龍」で知られる京菓子司 「俵屋吉富」の小川店に
併設されている茶房です。

170303茶ろん「たわらや」①、俵屋吉富小川店 (コピー).JPG
~ 京菓子司「俵屋吉富」小川店の外観。
「茶ろん たわらや」へは店舗の右側の入口から入ります。

170303茶ろん「たわらや」③、入口 (コピー).JPG
~ 位置的には「茶ろん たわらや」は「俵屋吉富」小川店の裏になります。




さて、
3月3日(金曜日)の午前11時5分頃に
「茶ろん たわらや」を利用しました。

170303茶ろん「たわらや」④、店内(8席) (コピー).JPG
~ 店内の席数は8席だけです(店の外に2席あります)。

あんみつをオーダー。

170303茶ろん「たわらや」⑤、あんみつ (コピー).JPG
~ 寒天はダイスカット(さいの目切り)ではなく、一枚ものです。

170303茶ろん「たわらや」⑥、あんみつ (コピー).JPG
~ 蜜は和三盆蜜を選びました (他に、白蜜、黒蜜があります)。

一枚ものの寒天は、
スプーンで好みのサイズに切っていただきます。

170303茶ろん「たわらや」⑧、あんみつ (コピー).JPG

☆ 「茶ろん たわらや CAFE TAWARAYA 」
  (京都市上京区寺之内通小川西入ル宝鏡院東町592)
☆ 2017年3月3日 (金曜日)午前11時10分頃利用




nice!(101)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中山道御嶽宿「商家竹屋」の「春のお茶会」、3月26日(日曜日)に開催 [お茶会情報]

御嶽宿(みたけじゅく)は、
江戸時代の主要街道・中山道の江戸から49番目の宿場町でした。

御嶽宿本陣跡の東側に
御嵩町指定有形文化財「商家竹屋(しょうかたけや)が」あります。

170228御嶽宿商家竹屋① (コピー).JPG
~ 「商家竹屋」、主屋は明治10年(1877年)頃の建築と推定されているそうです。2016年2月18日撮影。

御嶽宿の本陣職の野呂家から分家した商家だった「商家竹屋」は現在、
竹屋資料館として無料で公開されています。

170228御嶽宿商家竹屋② (コピー).JPG

170228御嶽宿商家竹屋③ (コピー).JPG




さて、
「商家竹屋」において3月26日(日曜日)、

「春のお茶会」

が開催されます。

 ・日時:2017年3月26日(日曜日)午前10時~午後2時
 ・場所:商家竹屋 奥座敷(岐阜県可児郡御嵩町御嵩1406番地)
 ・一服:300円(お茶とお菓子)
 ・主催:御嵩町教育委員会 
 ・後援:御嵩町茶華道連盟

161020中山道御嶽宿16、商家竹屋(表座敷から中庭) (コピー).JPG
~ 表座敷から見る奥中座敷・奥座敷・中庭。
※この写真のみ2016年10月20日に撮影したものです。

中庭の先に茶室がありますが、
「春のお茶会」においては利用しないそうです。

170228御嶽宿商家竹屋④、茶室 (コピー).JPG
~ 中山道御嶽宿「商家竹屋」の茶室。

☆ 御嵩町指定有形文化財「商家竹屋」
 (岐阜県可児郡御嵩町御嵩1406番地)
☆ 2017年2月28日(火曜日)午後1時10分頃







nice!(96)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「第19回中馬のおひなさん in 足助2017」(Hina Dolls in Chuma)、3月12日(日曜日)まで開催中 [足助の古い町並み(愛知県豊田市足助町)]

紅葉の名所として知られる香嵐渓(こうらんけい)がある
愛知県豊田市足助町(あすけちょう)は、
尾張・三河から信州へ向かう伊那街道(中馬街道とも)の
中継地点にある商業で栄えた町です。

170225足助めぐり13、連続する妻入家屋.JPG
~ 連続する妻入家屋、足助町田町の旧萬屋田口家辺り。
※この記事に載せた写真はすべて2017年2月25日(土曜日)撮影。

安永4年(1775年)の大火で
町並みのほとんどが消失したそうですが、
大火直後から町は再建され、
江戸後期から明治末期に建てられた建物が今も数多く残っている
足助の町並みは平成23年(2011年)6月に
重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定されました。

170225足助めぐり31、本町(両口屋辺り) (コピー).JPG
~ 足助町田町の両口屋辺り。




さて、
重伝建指定地区「足助の古い町並み」一帯において、

「第19回中馬のおひなさん in 足助2017」
        (Hina Dolls in Chuma)

が3月12日(日曜日)まで、開催されています。

170225足助めぐり06、中馬のおひなさん(90莨屋塩座) (コピー).JPG
~ 中馬のおひなさん展示場所番号90「莨屋塩座」。

170225足助めぐり34、中馬のおひなさん(115松美屋).JPG
~ 中馬のおひなさん展示場所番号115「松美屋」。

170225足助めぐり12、中馬のおひなさん(65旧萬屋田口家) (コピー).JPG
~ 中馬のおひなさん展示場所番号65「旧萬屋田口家」。

170225足助めぐり25、中馬のおひなさん(60両口屋).JPG
~ 中馬のおひなさん展示場所番号60御菓子司「両口屋」。




代表銘菓「中馬柿」で知られる「両口屋」においては、
お雛祭りのお菓子などが販売されています。

170225足助めぐり19、両口屋 (コピー).JPG

購入したお菓子は、
店内でいただくことができます。

170225足助めぐり18、両口屋.JPG

昔なつかしいお雛祭りのお菓子「いがまんじゅう」(いがもち)と
無料サービスのほうじ茶で一服しました。

170225足助めぐり24、両口屋(イガまんじゅうとほうじ茶) (コピー).JPG

この日の重伝建指定地区「足助の古い町並み」、
多くの人で賑わっていました。

170225足助めぐり30、新町(足助糧穀本店辺り) (コピー).JPG
~ 足助町新町(足助糧穀本店辺り)。





歴史と文化の町並み事典―重要伝統的建造物群保存地区全109

歴史と文化の町並み事典―重要伝統的建造物群保存地区全109

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央公論美術出版
  • 発売日: 2015/08
  • メディア: 単行本



nice!(111)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶菓「きみくら」で「抹茶づくし」セット〔静岡県掛川市〕 [喫茶店・甘味処・カフェ・茶店]

茶菓「きみくら」は、
丸山製茶株式会社(本社:静岡県掛川市)が直営する
お茶の専門店です。

170223茶舗きみくら①、丸山製茶直売店 (コピー).JPG
~ 県道38号線をはさんで反対側に丸山製茶本社があります。

茶菓「きみくら」は2階建て、
1階がお茶・お菓子・茶器などの販売所、
2階が茶寮・ギャラリー、建物の裏に回遊式の庭園があります。

2009年11月18日オープン。

170223茶舗きみくら⑤ (コピー).JPG
~ 庭園から見る茶菓「きみくら」。




さて、
2月23日(木曜日)の午前11時10分頃に
茶菓「きみくら」2階の茶寮を利用しました。

170223茶舗きみくら⑦、二階茶寮 (コピー).JPG

お茶を選ぶことができる
「抹茶づくし」セットをオーダー。

170223茶舗きみくら⑨、抹茶づくし(深蒸し煎茶「華」付き) (コピー).JPG
~ 選んだお茶は深蒸し煎茶「華」、他に静岡抹茶「緑野」が選べます。

深蒸し煎茶「華」の提供は、
2煎目から自分で淹れるスタイルでした。

170223茶舗きみくら⑪、抹茶づくし (コピー).JPG
~ 「抹茶づくし」は、抹茶あん、抹茶アイス、抹茶ゼリー、白玉、
わらび餅、寒天などからなるあんみつ風パフェ(?)。

170223茶舗きみくら⑬、深蒸し煎茶「華」2煎目 (コピー).JPG
~ 萬古焼の急須で淹れた2煎目。

☆ 茶菓「きみくら」
 (静岡県掛川市板坂510-3)
☆ 2017年2月23日(木曜日)午前11時10分頃利用





nice!(84)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -