So-net無料ブログ作成
検索選択

「荒川豊蔵資料館」で企画展「美濃桃山陶の再興―大萱 牟田洞 ~孤高の陶芸家・荒川豊蔵~」開催中 [美濃桃山陶ミュージアム]

岐阜県可児市(かにし)の「荒川豊蔵資料館」において12月4日(日曜日)まで、

企画展「美濃桃山陶の再興―大萱 牟田洞 ~孤高の陶芸家・荒川豊蔵~」

が開かれています。

160930荒川豊蔵資料館⑩ (コピー).JPG

「荒川豊蔵資料館」は、
2013年3月に財団法人豊蔵資料館から「豊蔵資料館」、
土地、収蔵品などを受贈した可児市が、
建物の補修工事などを行った後、
同年10月に「荒川豊蔵資料館」として再オープンしたミュージアムで、
志野と黒織部で国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された
故・荒川豊蔵さんの作品やコレクションの展覧を行っています。

 ・住 所 :〒509-0234 岐阜県可児市久々利柿下入会352番地
 ・開館時間:午前10時から午後4時まで
       (11月1日~3月31日は午後3時30分まで)
 ・開館日 :毎週金・土・日曜日および祝日「荒川豊蔵資料館」
       ※開館日にご注意ください。
 :アクセス:東海環状自動車道「可児御嵩IC」から県道84号線を土岐方面へ約8km
       東海環状自動車道『五斗蒔スマートIC』から県道84号線を可児方面へ約3km 




さて、
9月30日(金曜日)の午前10時50分頃に、
「荒川豊蔵資料館」へ行ってきました。

160930荒川豊蔵資料館① (コピー).JPG
~ 岐阜県道84号線(通称:五斗蒔街道)沿いにある駐車場から
坂道を「荒川豊蔵資料館」まで歩きます。

160930荒川豊蔵資料館② (コピー).JPG

160930荒川豊蔵資料館④、牟田洞古窯跡 (コピー).JPG
~ 牟田洞古窯跡の碑の裏側の階段を上ります。

160930荒川豊蔵資料館⑥ (コピー).JPG
~ 陶房の改修などの工事が行われています。

160930荒川豊蔵資料館⑨ (コピー).JPG

可児市は現在、
「荒川豊蔵資料館」の敷地にある陶房の改修、
倉庫の新築などの整備(美濃桃山陶の聖地整備事業)を進めており、
2017年春に旧荒川豊蔵邸周辺が公開される予定です。





nice!(79)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 79

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0