So-net無料ブログ作成
検索選択

桑山美術館で所蔵茶道具展「茶の湯にみる風流-枯淡と風雅-」12月4日(日)まで開催中〔名古屋市昭和区〕 [茶道具ミュージアム]

名古屋市昭和区山中町にある桑山美術館において12月4日(日曜日)までの期間、

所蔵茶道具展
茶の湯にみる風流 -枯淡と風雅-

が開催されています。

161127桑山美術館③、本館 (コピー).JPG
~ 「桑山美術館」の本館、「SK」は初代館長の故・桑山清一さんのイニシャルです。

・所在地  : 名古屋市昭和区山中町2-12
・開催期間 : 2016年12月4日(日曜日)まで
・休館日  : 月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日
・開館時間 : 午前10時~午後4時(入館受付は午後4時まで)
・観覧料  : 一般500円、中・高・大学校生300円

161127桑山美術館⑤、回廊から見る小間「青山」 (コピー).JPG
~ 庭園にある小間「青山(せいざん)」。

※この記事に掲載した写真は、2016年11月27日に撮影したものです。




さて、2016年11月27日(日曜日)の午後0時20分頃に、「桑山美術館」へ行ってきました。

161127桑山美術館②、アプローチ (コピー).JPG

午後1時30分から別館1階の多目的ホールで開かれる今回の所蔵茶道具展の関連講座

「みんな大好き名古屋の抹茶」

に参加するためです。

講師は、東海学園大学特任教授の安田文吉さん。

関連講座が始まる前に、別館2階の立礼席でお抹茶と和菓子をいただきました。

161127桑山美術館⑧、立礼席 (コピー).JPG

161127桑山美術館⑨、両口屋是清「山路」 (コピー).JPG
~ 御菓子所「両口屋是清」の「山路」(かるかん製)。

161127桑山美術館⑪、お抹茶 (コピー).JPG





茶室の名席ハンドブック

茶室の名席ハンドブック

  • 作者: 神谷 宗〓
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2014/11/19
  • メディア: 文庫



nice!(91)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 91

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0