So-net無料ブログ作成
検索選択
大人の社会見学(工場見学・セミナー・講演会など) ブログトップ

国指定伝統的工芸品「高山茶筌」 〔奈良県生駒市高山地区〕 [大人の社会見学(工場見学・セミナー・講演会など)]

抹茶(MATCHA)ブームが続いています。

この抹茶(MATCHA)ブームを牽引しているのは、
茶の湯としての需要ではなく、
お菓子、飲料、料理などの原材料としての需要増によるものです。

161116和の美人度アップ講座18、お抹茶 (コピー).JPG
~ 京都イオリカフェ名鉄百貨店でいただいた抹茶。

170121ネスレ①、キットカットミニ抹茶(表面) (コピー).JPG
~ ネスレ「キットカットミニ オトナの甘さ 抹茶 12枚」。

170121森永製菓①、ダース宇治抹茶(表面) (コピー).JPG
~ 森永製菓「ダース 宇治抹茶」。

カップ麺にも抹茶味が登場しました。

日清食品が1月23日より
「カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味」を販売しています。




さて、
茶の湯において抹茶を点てる場合、
なくてはならないのが茶筌(ちゃせん)※①です。

170118和の美人度アップ講座12、茶筌で点てる (コピー).JPG

※①一般的には「茶筅」と表記されますが、
「筅」は物を洗う道具「ササラ」に通じてしまうので、
抹茶を点てる道具としては「茶筌」と表記しているそうです。
※参照:高山茶筌の「竹茗堂 久保左文」ウェブサイトの「茶筌の歴史」。
→ こちら

茶の湯においてなくてはならない茶道具の一つの茶筌、
消耗品であることからあまり注目されていないと思われますが、
日本国内で作られている茶筌の90%以上は、
奈良県生駒市の高山地区(「高山茶筌」)で作られているそうです。

室町時代から作り続けられている「高山茶筌」は、
国の伝統的工芸品に指定されています※②。

※②「高山茶筌」については、
生駒市ホームページの「生駒市伝統産業」をご参照ください。
→ こちら

「高山茶筌」の生産地に1989年(平成元年)、
「高山茶筌」を始めとする茶道具、編針などの竹製品の紹介・普及と
茶道文化の推進のために「生駒市高山竹林園」が開設されました。

170111高山竹林園① (コピー).JPG

「生駒市高山竹林園」は、
資料館、茶室「竹生庵」、竹の生態園、日本庭園、
多目的広場などから構成されています。

資料館には、
研修室、茶会などに利用できる和室、
「高山茶筌」などが展示されている展示室、
茶筌制作実演コーナーがあります(見学無料)。

170111高山竹林園④、資料館 (コピー).JPG
~ 「生駒市高山竹林園」の資料館。

170111高山竹林園⑪、資料館の展示 (コピー).JPG
~ いろいろな種類の「高山茶筌」の展示。

「高山茶筌」の種類は100種類以上あり、
形状、穂立ち、素材、茶の湯の流派などによって異なるそうです。

170111竹茗堂左文④ (コピー).JPG
~ 2017年1月11日に訪れた「竹茗堂 久保左文」で
見せていただいた「高山茶筌」。

こんな「高山茶筌」もあります。

170124竹茗堂左文、夫婦茶筅 (コピー).JPG
~ 特注したダブル茶筌(夫婦茶筌)。






nice!(90)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

小路めぐり in 津島☆お試し体験会「尾張津島 商いのまちめぐり」〔愛知県津島市〕 [大人の社会見学(工場見学・セミナー・講演会など)]

小路めぐり in 津島☆お試し体験会「津島市探訪」が
10月1日(土曜日)から11月30日(水曜日)まで行われています。

161016津島市探訪① (コピー).JPG

小路めぐり in 津島☆お試し体験会「津島市探訪」には、
ガイドの案内による「お試し体験会」とガイドなしの「お試し体験」があります。

「ガイド付き小路めぐり in 津島☆お試し体験」は全21プログラムで、
定員は各回20名、参加費は無料です。

161016津島市探訪② (コピー).JPG




さて、
11月19日(土曜日)に行われたガイドの案内によるお試し体験会の
コース6「尾張津島 商いのまちめぐり」に参加しました。

スタート地点は、
名鉄津島駅構内にある津島総合案内所です。

161119津島探訪商いのまちめぐり01、津島駅(スタート) (コピー).JPG

天王通りを歩きます。

161119津島探訪商いのまちめぐり02、天王通り (コピー).JPG

かつては賑やかだったと思われる通りには、
川魚屋、呉服屋などのお店があります。

161119津島探訪商いのまちめぐり03、川魚屋(魚良) (コピー).JPG
~ 魚良商店(津島市天王通り5丁目9)。

161119津島探訪商いのまちめぐり04、平徳呉服店 (コピー).JPG
~ 平徳呉服店(津島市本町1丁目47)。

最初に立ち寄ったのは、
津島市観光交流センター(津島市本町1丁目52-1)です。

161119津島探訪商いのまちめぐり05、観光交流センター(銀行跡地) (コピー).JPG

津島井観光交流センター(愛称:まつりの館 津島屋)は、
~1929年(昭和4年)に旧津島信用金庫本店として建てられた建物だそうです。

次に訪ねたのは、
安政2年(1855年)創業の糀屋(津島市本町1丁目57)です。

161119津島探訪商いのまちめぐり07、糀屋 (コピー).JPG

生姜入りの甘酒の試飲がありました。

161119津島探訪商いのまちめぐり09、糀屋(甘酒の試飲) (コピー).JPG

続いて、
津島神社を目指しました。

161119津島探訪商いのまちめぐり13、築島神社 (コピー).JPG

津島神社の門前には、
油で揚げた米菓子の「あかだ」と「くつわ」を売るお店が3軒あります。

161119津島探訪商いのまちめぐり16、総本家角政 (コピー).JPG
~ 総本家角政(津島市馬場町7)。

続いて、
機屋さんを訪ねました。

161119津島探訪商いのまちめぐり20、機屋(小林毛織) (コピー).JPG
~ 「ガチャ、ガチャ」という織機の音。

津島駅へ戻ります。

161119津島探訪商いのまちめぐり24、呉服店(戎徳呉服店) (コピー).JPG
~ 戎徳呉服店(津島市本町2丁目10)。

津島駅へ戻りました。

161119津島探訪商いのまちめぐり26、津島駅(ゴール) (コピー).JPG

約2時間15分の「尾張津島 商いのまちめぐり」でした。

♪ まだ申し込みが可能なコースは(2016年11月20日午前7時50分現在)、
11月27日(日曜日)に行われる「子育てのお悩み解決!! 津島のご利益めぐり」だけです。
コースの概要、申込などについては → 【にぎわいネット津島】で検索してください。





nice!(91)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「鮎菓子たべよー博 HOW A(鮎)YU?!」開催、11月20日(日曜日)に「じゅうろくプラザ」などで [大人の社会見学(工場見学・セミナー・講演会など)]

JR岐阜駅に隣接する「じゅうろくプラザ」などにおいて11月20日(日曜日)、

     ~ ぎふの鮎菓子&洋菓子大集合 ~
「鮎菓子たべよー博 HOW A(鮎)YU?!」

が開かれます。

161111鮎菓子たべよー博①、チラシ (コピー).JPG
~ 「鮎菓子たべよー博」のチラシ。

 ・日時:2016年11月20日(日曜日)午前10時~午後4時30分
 ・場所:「じゅうろくプラザ」(岐阜市橋本町1-10-11)ほか
 ・入場:無料




さて、
同イベントを主催する「鮎菓子たべよー博実行委員会」の
構成メンバーの一つである岐阜商工会議所のホームページを参照すると、
当日の主な企画は次の通りです。

 ・鮎菓子販売(岐阜市内、岐阜市近郊の鮎菓子店25店舗が出店)
 ・鮎菓子食べ放題カフェ(ワンコインで食べ比べ!)
 ・鮎菓子づくり体験教室(参加申込終了)
 ・鮎菓子スタンプラリー(スタンプ集めて鮎菓子ゲット!)

メイン会場となる「じゅうろくプラザ」はJR岐阜駅に隣接していますので、
雨天でも雨に濡れずに会場へ行くことができます。

161111鮎菓子たべよー博②、じゅうろくプラザ (コピー).JPG

 ♪ 今年3月27日に行われたプレイベントの様子は
 → こちら

 ♪ 2013年6月19日に「ぎふの鮎菓子」を食べあるいたときのブログ記事
 「ぎふの鮎菓子」を求めて岐阜市内ウォーク 〔ぎふの和菓子屋さんめぐり〕 





nice!(83)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

とうしん陶芸美術館第2回陶芸講座「美濃桃山陶と美濃陶祖」 〔岐阜県多治見市〕 [大人の社会見学(工場見学・セミナー・講演会など)]

岐阜県が10月28日に公式ホームページに掲載した報道発表資料
  ~「まちかど美術館・博物館」の追加登録について~
を参照すると、
次の2施設が新たに「まちかど美術館・博物館」に登録されました。

 1.とうしん美濃陶芸美術館(多治見市虎渓山町4丁目13番地1)
 2.美濃白川楽集館内資料室(加茂郡白川町河岐1728番地)

とうしん美濃陶芸美術館は、
東濃信用金庫(本店:岐阜県多治見市、愛称:とうしん)の
研修施設「とうしん学びの丘‘‘エール’’」内に併設された美術館です。
 ・観覧料 :無料
 ・開館時間:午前10時~午後5時
 ・休館日 :月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始

「とうしん学びの丘‘‘エール’’」は、
研修棟、講義棟および展示棟の3棟と芝生広場で構成されています。

161029とうしん学びの丘エール③、講義棟と研修棟 (コピー).JPG
~ とうしん学びの丘‘‘エール’’の講義棟(左側)と研修棟(右側)。

161029とうしん学びの丘エール⑧、シンボルツリー「大王松」 (コピー).JPG
~ 講義棟(手前)、シンボルツリーの大王松がある展示棟(奥)。

161029とうしん学びの丘エール⑦、シンボルツリー「大王松」 (コピー).JPG
~ 展示棟の庭にシンボルツリーの大王松。




さて、
とうしん美濃陶芸美術館には立礼席が併設されています。

161029とうしん学びの丘エール⑨、立礼席 (コピー).JPG

161029とうしん学びの丘エール⑩、立礼席 (コピー).JPG

161029とうしん学びの丘エール⑬、立礼席から見える大王松 (コピー).JPG

この立礼席は、残念ながら、
一般の利用はできないそうです。

なお、
とうしん学びの丘‘‘エール’’の講義棟において10月29日(土曜日)、

とうしん美濃陶芸美術館第2回陶芸講座
 「美濃桃山陶と美濃陶祖」

が開かれました。

講師は、
土岐市美濃陶磁歴史館の学芸員・春日春海さん。

161029とうしん学びの丘エール⑭、ホール (コピー).JPG

☆ とうしん美濃陶芸美術館
 (岐阜県多治見市古虎渓町4丁目13番地1「とうしん学びの丘‘‘エール’’内」)
☆ 2016年10月29日(土曜日)午後0時30分頃利用





nice!(89)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「奥の細道むすびの地記念館」で企画展「芭蕉の書簡が語る『奥の細道』」開催中〔岐阜県大垣市〕 [大人の社会見学(工場見学・セミナー・講演会など)]

岐阜県大垣市は、
俳人・松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えたむすびの地です。

大垣市船町川湊は
国名勝「おくのほそ道の風景地」に指定されています。

161005奥の細道むすびの地記念館⑫、住吉橋 (コピー).JPG
~ 大垣船町川湊跡近くの水門川、赤い橋は住吉橋。

川湊跡のすぐ近くにある「奥の細道むすびの地記念館」は、
観光・交流館、芭蕉館、先賢館、無何有荘大醒榭などから構成されています。

161005奥の細道むすびの地記念館⑥、芭蕉館と先賢館 (コピー).JPG
~ 芭蕉館と先賢館。

161005奥の細道むすびの地記念館⑦、無何有荘大醒澍 (コピー).JPG
~ 大垣市の重要文化財の無何有荘大醒榭(たいせいしゃ)。

161005奥の細道むすびの地記念館⑧、無何有荘大醒榭 (コピー).JPG

161005奥の細道むすびの地記念館③、観光交流館 (コピー).JPG
~ 観光・交流館。




さて、
「奥の細道むすびの地記念館」において11月13日(日曜日)まで、

第18回企画展
芭蕉の書簡が語る『奥の細道』
~みちのく・三越路の風流佳人との交遊~

が開かれています。

161005奥の細道むすびの地記念館① (コピー).JPG

・開館時間:午前9時~午後5時
・休館日 :無休(ただし、12月29日~1月3日は休館)
・入館料 :一般300円、18歳未満は無料

企画展示についての学芸員の方が解説してくれる
ギャラリートークの予定は次の通りです(事前申込不要、参加費無料)。

 ・10月16日(日曜日)午後3時から30分程度
 ・10月30日(日曜日)同上
 ・11月13日(日曜日)同上

☆ 「奥の細道むすびの地記念館」
 (岐阜県大垣市船町2丁目26番地1)
☆ 2016年10月5日(水曜日)午後1時20分頃利用






nice!(95)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

多賀大社・春の宝物特別展「調馬厩馬図屏風」公開 [大人の社会見学(工場見学・セミナー・講演会など)]

滋賀県多賀町の多賀大社では
5月3日(火曜日/祝日)から5日(木曜日/祝日)の3日間、

春の宝物特別展「調馬厩馬図屏風」

が一般公開されています。

160503多賀大社② (コピー).JPG





さて、
5月3日の午前9時半前に
多賀大社の奥書院を訪れました。

160503多賀大社③ (コピー).JPG
~ 奥書院・庭園拝観料金500円。

国の重要文化財の「調馬厩馬図屏風」は、
奥書院の和室に展示されています(※撮影禁止です)。

慶長期(1596年~1615年)の早い頃の
正統的な狩野派の絵師による作品だといわれている調馬図には、
座敷でお茶を点てる宗匠、お茶(黒茶碗)を運ぶ小姓などが描かれています。

ずっと気になっていた黒茶碗、
今回初めて間近で見ることができました。


160503多賀大社⑤、奥書院の池泉鑑賞式庭園 (コピー).JPG
~ 奥書院から見る池泉鑑賞式庭園(国指定名勝)。

☆ 多賀大社・春の宝物特別展「調馬厩馬図屏風」一般公開
 (滋賀県犬上郡多賀町多賀町多賀604番地「多賀大社奥の院」)
☆ 2016年5月3日(火曜日/祝日)午前9時25分頃






nice!(55)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

豊田市指定有形文化財「旧松本家長屋門」〔愛知県豊田市寺部町〕 [大人の社会見学(工場見学・セミナー・講演会など)]

江戸時代に
寺部領主渡辺家の家臣を務めた松本家に残る
長屋門の保存修理が終わり4月1日から一般公開されました。

そこで昨日5月1日(日曜日)午後1時頃に、
愛知県豊田市寺部町にある
豊田市指定有形文化財「旧松本家長屋門」を訪れました。

160501旧松本家長屋門④ (コピー).JPG
~ 開館日は土・日曜日のみ(午前10時~午後5時)、観覧料無料。

160501旧松本家長屋門② (コピー).JPG

160501旧松本家長屋門⑤ (コピー).JPG

松本家から豊田市に2014年11月に寄贈された
御深井焼(おふけやき)水指の書付、箱書きから
裏千家十一代玄々斎の実兄で茶人(又日庵)としても知られる寺部渡辺家10代渡辺規綱の
長男・11代渡辺寧綱も茶人(玄中斎)であることがわかったそうです。
(「豊田市郷土資料館だよりNo.92」3ページ参照)

「旧松本家長屋門」にもその辺りの資料展示があるかもしれないと期待しましたが、
渡辺守綱公顕彰会叢書が販売されていただけでした。

160501旧松本家長屋門⑥、渡辺守綱公顕彰会叢書 (コピー).JPG




さて、
「旧松本家長屋門」を後に、
守鋼寺、寺部城址、守鋼神社、隨應院など
寺部渡辺家にゆかりのある地を巡りました。

160501守綱寺⑤ (コピー).JPG
~ 寺部渡辺家の墓所がある渡邊家菩提所渡邊山守綱寺(しゅこうじ)

160501遊佐家長屋門② (コピー).JPG
~ 遊佐(ゆさ)家長屋門 附土塀(豊田市指定文化財)。

160501寺部城址① (コピー).JPG
~ 寺部城址。

160501守綱神社② (コピー).JPG
~ 守鋼神社(しゅこうじんじゃ)

160501隨應院② (コピー).JPG
~ 寺部渡辺家(奥方)の墓所がある極楽山随應院不遠寺。

160501隨應院③ (コピー).JPG
~ 隨應院は、鉢の蓮で知られているそうです。

☆ 豊田市指定文化財「旧松本家長屋門」
 (愛知県豊田市寺部町2丁目39-15)
☆ 2016年5月1日(日曜日)午後1時頃





喫茶送迎記を読む

喫茶送迎記を読む

  • 作者: 横田八重美
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2013/05/09
  • メディア: 単行本



nice!(53)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

古書の博物館「西尾市岩瀬文庫」 [大人の社会見学(工場見学・セミナー・講演会など)]

古書の博物館「西尾市岩瀬文庫」では5月8日(日曜日)まで、

西尾市岩瀬文庫企画展
こんながあった!
~岩瀬文庫平成悉皆調査中間報告展13~

が開かれています。

160311西尾市岩瀬文庫④ (コピー).JPG
~ 企画展「こんな本があった!」が開かれている
「西尾市岩瀬文庫」2階の企画展示室、2016年3月11日(金曜日)撮影。

160311西尾市岩瀬文庫⑦ (コピー).JPG

160311西尾市岩瀬文庫⑩ (コピー).JPG





さて、
3月11日(金曜日)の午前11時過ぎに、
古書の博物館「西尾市岩瀬文庫」へ行ってきました。

160311西尾市岩瀬文庫① (コピー).JPG

・開館時間:午前9時~午後5時(文庫資料の閲覧は午後4時まで)
・休館日 :月曜日(月曜日が祝日の場合は月・火連休)
      年末年始 特別整理期間
・閲 覧 :18歳以上、閲覧室内に限る。1回につき30冊まで。

1階の無料休憩室で西尾の抹茶で一服後、
2階の企画展示室で企画展を観覧しました。

閲覧室へ移動して、
江戸時代と明治時代のお菓子に関する古書を閲覧しました。

閲覧した古書は、

・「諸国名物 御前菓子秘伝抄」梅村市郎兵衛・編、享保3年(1718年)刊
・「江戸流行 菓子話船橋」船橋屋織江・著、天保12年(1841年)刊
・「菓子模様(菓子模様帖)」亀屋会・編、明治34年(1902年)刊

などです。

160311西尾市岩瀬文庫⑫、岩瀬文庫だより47号 (コピー).JPG
~ 「岩瀬文庫だより47号」に載っている「諸国名物 御前菓子秘伝抄」。

日本最古の菓子製造専門書といわれる
「諸国名物 御前菓子秘伝抄」、
300年近く経っているにもかかわらず、とてもいい状態です。

160311西尾市岩瀬文庫⑪、岩瀬文庫だより47号 (コピー).JPG
~ 「岩瀬文庫だより47号」に載っている「江戸流行 菓子話船橋」。

菓子製法書の最高峰といわれる「江戸流行 菓子話船橋」、
赤小豆豆煮様、白大角煮様、長芋餡、百合餡、白餡などの基本、
寒天(角天)を使った練羊羹の作り方など菓子の詳しい製法が記されています。

☆ 古書の博物館「西尾市岩瀬文庫」
  (愛知県西尾市亀沢町480番地)
☆ 2016年3月11日(金曜日)午前11時10分頃利用






nice!(42)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

名古屋・覚王山の「揚輝荘」で行われる定期セミナー 〔於:「揚輝荘」南園にある「聴松閣」地階多目的ホール〕 [大人の社会見学(工場見学・セミナー・講演会など)]

名古屋・覚王山にある「揚輝荘」は、
株式会社松坂屋初代社長の15代伊藤次郎左衛門祐民さんが、
大正から昭和初期にかけて建設した別邸です。

160228揚輝荘④、北園の正門 (コピー).JPG
~ 「揚輝荘」北園にある正門。

最盛時には10,000坪の敷地に30を超える建造物があったそうですが、
現在は2,800坪ほどの敷地に名古屋市の指定有形文化財に指定された
5棟の建造物(聴松閣、揚輝荘座敷、伴華楼、三賞亭、白雲橋)が残っています。

160228揚輝荘⑤、北園茶室「三賞亭」 (コピー).JPG
~ 1918年(大正7年)に伊藤家本宅から移築された茶室「三賞亭」。

茶室「三賞亭」は「揚輝荘」で最初の建造物で、
春と秋にお茶会が開かれています。





さて、
「揚輝荘」南園にある「聴松閣」地階の多目的ホールにおいて、
毎月第4日曜日に定期セミナーが開かれています。

160228揚輝荘①、聴松閣 (コピー).JPG
~ 「聴松閣」は1937年(昭和12年)に建設された迎賓館です。

2月の第4日曜日だった昨日2月28日、

「有松絞りの歴史と現状 ~松坂屋と実用呉服販売~」

と題したセミナーが開かれました。

講師は、
中部大学人文学部准教授の末田智樹さんほか。

160228揚輝荘③、聴松閣地階多目的ホール (コピー).JPG

次の定期セミナーは、
3月27日(日曜日)の午後1時30分から
「愛知千年企業」と題したセミナーが開かれます。

講師は、
北見昌朗さん(北見式賃金研究所所長)。

160228揚輝荘②、セミナー案内 (コピー).JPG

参加費無料(ただし「聴松閣」入館料必要)。

☆ 「揚輝荘」南園にある「聴松閣」
  (名古屋市千種区法王町2-5-21)
☆ 2016年2月28日(日曜日)午後1時10分頃~ 利用






nice!(59)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2月28日は「土岐市織部の日」です。〔岐阜県土岐市〕 [大人の社会見学(工場見学・セミナー・講演会など)]

岐阜県土岐市の「織部の里公園」には、
織部焼の生産窯として知られる大窯3基、連房式登窯1基から構成される
国指定史跡「元屋敷陶器窯跡」があります。

160203元屋敷陶器窯跡③、遠景 (コピー).JPG
~ 今回の記事に掲載の写真はすべて2016年2月3日(水曜日)撮影。

(上記の写真の)緑色の覆屋の中に、
全長約24.7メートル、幅2.2メートル、焼成室14房の
美濃地域最古の連房式登窯が露出展示されています。

160203元屋敷陶器窯跡⑥、連房式登窯 (コピー).JPG
~ 連房式登窯の最上部から撮った写真。

160203元屋敷陶器窯跡⑦、連房式登窯 (コピー).JPG
~ 連房式登窯の最下部から撮った写真。

160203元屋敷陶器窯跡⑨、大窯 (コピー).JPG
~ 完全復元された元屋敷東1号窯(大窯)を横から撮った写真、
緑色の連房式登窯の覆屋が見えます。



さて、
岐阜県土岐市(ときし)は、
織部焼が史実に登場した2月28日を「織部の日」と制定しています※。

※「ウス茶の時ハ、セト茶碗 ヒヅミ候也 ヘウゲモノ也」という記載がある
宗堪日記慶長4年(1599年)2月28日のこと。

28回目となる「織部の日」を記念した
関連イベントが今年も企画されています。

土岐市の広報誌「広報とき2016年2月1日号」を参照すると、
主な「第28回織部の日」記念イベントは次の通りです。

◇土岐市美濃陶磁歴史館(土岐市泉町久尻1263)
 ・2月26日(金曜日)~5月8日(日曜日)
 ・重文特別公開「元屋敷陶器窯跡出土品展」

◇織部の里公園(土岐市泉町久尻1246-1)
 2月27日(土曜日)・28日(日曜日)
 ・「暮雪庵茶会」午前10時~午後3時
 ・「ロクロ体験」午前10時~午後4時
 ・千利休所持「四方仏蹲踞」展示 午前10時~午後4時30分

土岐市美濃焼歴史館においては、
平成25年に国の重要文化財に指定された
「元屋敷陶器窯跡」出土品の中から桃山陶の優品が展示されるそうです。

160203土岐市美濃陶磁歴史館01、企画展の案内板 (コピー).JPG
~ 土岐市美濃陶磁歴史館では2月21日(日曜日)まで
企画展「江戸の暮らしと美濃焼」が開かれています。

どのような優品が展示されるのか、
今から楽しみです。

160203土岐市美濃陶磁歴史館07、瀬戸黒(重文) (コピー).JPG
~ 現在展示中の元屋敷窯出土の瀬戸黒茶碗。

160203土岐市美濃陶磁歴史館11、織部黒 (コピー).JPG
~ 同上、元屋敷窯出土の織部黒茶碗。


なごみ 2016年 01 月号 [雑誌]

なごみ 2016年 01 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2015/12/15
  • メディア: 雑誌



nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
大人の社会見学(工場見学・セミナー・講演会など) ブログトップ